スポンサーサイト

Posted by 1371野月 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 1371野月 on 07.2017 0 comments 0 trackback
近況

始まりは昨年、
夢に現れたメッセージがリアル。
断片から次第に万華鏡
これは疑う気にもなれないわというあたりで動き、
現在に至る。
ひょんなことから
不思議さ満開のあれこれが
人の手により明るみにでることとなったが、
好奇心と彼らの実体験という伏線があったことから
あっさり明るく受け入れられ嬉しかった。
身内に一人や二人いるものというような
当たり前さが楽だったなw
こういう場所もある。

あれこれと忙しく
時に深刻なことにも関わるが、
準備が必ずできるようになっている。
親友が突然のお願いにも関わらず
速攻で動いてくれ、
最高のタイミングに間に合わせてくれたりと
ありがたい限り。


そして、
またサインが来ている。
鴉、蜘蛛は当たり前として
祝詞を聞きに来た鳩2羽
こちらを観察してたクマバチ
いつの間にか現れ見送ってくれる蝶
とどめに
百合、羽、青い羽根の蝶、獅子。
あれよあれよと
迷う隙もないほどになってきた。

さて、どうなっていきますか
気分は何故かお茶畑の中にいる
最善を尽くしていれば
また新たな場所に着地するんだろうな。

人のことはわかっても
自分のことはあんまり分からない。

我がハイヤーセルフ自分バージョンに至っては
「寝てたいのか起きてたいのか分かって
それ聴いてる?」とかすっごい皮肉言うことある。

直訳:「馬鹿なの?」

それ聴いた瞬間
꒪⌓꒪・・・あっちいって・・・・
自分で呼んだくせに私も大概ですわ

まあ、こういうときは
答えが分かっていながら
大丈夫かなあ?と念押ししてみたい時。

生きてるの?とメールが入ったので
まずは近況をば。

☆愛と感謝を込めて。そして、確信と必然の感動を添えて☆ヽ(*⌒∇⌒*)ノ



スポンサーサイト
Category : 未分類

Posted by 1371野月 on 02.2017 0 comments 0 trackback
近況


直近の鳥の話。

新鮮な空気を吸いにと外に出たら、

鳩がこっちをめがけて飛んできてその辺にとまり、

無言で人の顔やらを見て去っていった。

入れ違いにまた別の鳩が来て、

またもやじーっとこっちを見て

無言で去る。

友達にその話したら、

「蝶に鴉に今度は鳩まで呼ぶようになってー」

私:呼んでないヾ(ーー゛)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、
君が代や祝詞がよく聴くこえてくる。
この間は突然、
沢山の人が歌っている君が代が聞こえてきて、
あまりの大音量に思わず周囲を見渡したほど。

そのあと、
静かな声が聴こえ、
「祈り、切実さ、悲願の象徴。
正義は振りかざすものではない
日本人の美徳意識に則った
独特の方法が模索されている」

そしてそれらが去るとともに静寂が戻ってきた。











Category : 未分類

Posted by 1371野月 on 19.2017 0 comments 0 trackback
ぼーっとしてたら
右側から
「もうすぐ鳥が来る、使う」
と聴こえてきた。

翌日、
職場関連の人から
お土産をいただく。

匂い袋に鈴、鳳凰の図柄

鳥だ
これ、すごく役立つ
鈴の音域が特にいい。

早速使う
うん、効く、いい。
職場用に決定。










Category : 未分類

Posted by 1371野月 on 13.2017 0 comments 0 trackback
今日の出来事

バスに乗ったら
隣に居た人が
唐突に喋り出し、
「鶴見緑地の次はあの世~」
「俺はあの世のお手伝い」って


( ꒪⌓꒪)・・・どんなお手伝いだ・・・


謎だわー

























Category : 未分類

近況

Posted by 1371野月 on 22.2017 0 comments 0 trackback
歯医者さんに行く。
何ヶ月か通うことになるかと覚悟していたが、
思いがけず、その日で治療終了。
嬉しさのあまり
小躍りしたくなる気持ちを抑え
森永のアイスクリームを衝動買い。
アイスクリーム効果で丹光MAX
我ながら単純極まりないと苦笑する。











Category : 未分類
 HOME 

文字を大きく・小さく

    ボイドタイム

    Loading...

    ▲ top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。